いつものお茶がおいしくなった?

おいしい秘密は温度にある!

自宅でもおいしい水が飲めると、利用者が多いのがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、サーバーを購入するかレンタルし、タンクに入った水を宅配してもらうシステムですよね。純粋に近いRO水や天然水から選ぶ事ができ、いつでも安心で安全な水を飲むことができるのです。
ウォーターサーバーには、冷水と温水の2つがついており、いつでも好きな方が利用できるようになっています。お湯を沸かさず、すぐにお茶を飲むことができるのですが、いつものお茶がこれまでよりもおいしくなったと感じた人も多いですよね。これは、温度に秘密があります。
お茶は種類によっては、熱湯を注ぐと渋みが出てしまうことがあります。しかし、ウォーターサーバーは80℃から90℃に設定されているので、甘味を引き出すことができるのです。

おいしい秘密は水の硬さにある!

安全な水を使いたいと、自宅でウォーターサーバーをで利用している人も増えています。毎日使っていると、ウォーターサーバーで入れたお茶がいつもと違う?と感じる人も出てくるはずです。その理由は、水が軟水だからです。
水は場所によって硬度が異なっており、日本の水はほとんどが軟水になります。軟水は文字通り軟らかく、口当たりがまろやかです。日本のお茶には軟水が適しているため、軟水が使われているウォーターサーバーでお茶を入れるとおいしく感じる事になります。水道水と違って、塩素などの不純物が含まれていないので、気になる臭いがなく、お茶の持つ風味や味をより感じる事ができますよね。ウォーターサーバーの水はお茶だけでなく、お米を炊いたり、日本料理にもとても合います。

女性や子持ちの主婦は、宅配水の利用がとても助かります。重いものがなかなか持てなかったり、子供連れで買い物をすると水などの重いものを避けたいという人にとって、自宅まで届けてもらえるので、とても便利です。

© Copyright Water Brands. All Rights Reserved.